徹底比較!エステサロン脱毛と医療脱毛の違いは?

脱毛には大きく分けて2種類あります。1つは脱毛エステサロンやでやる「光脱毛」です。具体的には、コロリーストラッシュ銀座カラーなどです。

 

もう1つは、クリニックでやる「医療脱毛(レーザー脱毛)」です。具体的には、湘南美容外科リゼクリニックなどです。

 

エステサロン脱毛と医療脱毛、この2つの脱毛はどう違うのでしょうか?一般的なイメージは、医療脱毛は、料金が高い、痛い、永久脱毛。エステサロン脱毛は、料金が安い、モデルがよく行ってるなどでしょうか。

 

他にも意外と知られていない医療脱毛とエステ脱毛の違いについて詳しくご紹介致しますので、これから脱毛デビューする方は参考にしてくださいね(^^)/

エステ脱毛と医療脱毛の違いを比較!

  エステ脱毛 医療脱毛
施術回数 12回〜18回 5〜6回
料金 安い 高い
効果 破壊しないレベルの除毛 永久脱毛
痛み 痛くない(個人差はある) 痛い
脱毛資格 資格はないが研修はある 医者か看護師
【施術回数】医療脱毛は脱毛完了までの期間が短い

エステの光脱毛は出力が弱いので、多くの場合12回〜18回ムダ毛がほぼない状態にするまでかかりますが、医療用レーザー脱毛の場合、5〜6回でお手入れ終了することもあります。

 

そのため、医療脱毛の方が脱毛完了までの期間が短いです。医療脱毛が1年〜1年半で脱毛完了するのに対し、エステ脱毛は2年〜3年かかります。もちろん毛質などで個人差がありますのであくまで平均的な目安です。

 

わき5回1000円+無制限3400円
↑湘南美容外科ならエステ脱毛の1/3の施術回数でできます。

 

【料金】医療脱毛は高いです

医療脱毛は、照射パワーが強い分、エステ脱毛より料金が高いです。顔とVIOも含む全身脱毛の平均額は脱毛サロン12回で約23万円、医療脱毛5回で約42万円です。比較するとサロンとクリニックでは全身脱毛の料金に大きな差があり、サロンのほうが大幅に安いことがわかります。

 

rattat

↑コロリーなら全身脱毛12回が約18万円でできます。

 

脱毛サロンの料金比較はこちらをご覧ください。
梅田で全身脱毛するならどこが安い?

【効果】エステ脱毛は永久脱毛ではない

脱毛サロンの脱毛方法は光脱毛(フラッシュ脱毛)です。脱毛サロンによってIPL脱毛、S.S.C.脱毛、SHR式脱毛などがありますが、種類としてはいずれも光脱毛です。脱毛サロンでは、毛根を破壊する行為は医療機関にしか認められていないので、脱毛器の出力を下げて医療機関でなくても脱毛できるようにしたものが光脱毛です。光脱毛は毛根に少しずつダメージを与えて弱らせることで脱毛します。

 

一方、クリニックの脱毛方法は医療用レーザー脱毛機を使った脱毛のことです。レーザー脱毛は毛根を破壊できます。破壊すると、ほぼ半永久的に毛が生えてこなくなります。この毛根破壊する行為は医療行為に当たるので、医師がいる病院・クリニックでしか医療用レーザー脱毛機は扱えないという法律になっています。医療行為とはいっても、美容整形手術と一緒で、保険適応外の自費診療になります。

 

ちなみに、永久脱毛の定義は、日本医学脱毛協会によると、2〜3年にわたる治療を行ったところ、約90%の人に6か月〜1年以上の脱毛効果がみられたものを言うそうです。

 

スタンダード総額
↑リゼクリニックなら永久脱毛が可能です。

 

【痛み】医療脱毛は声が出るほど痛い

医療脱毛はかなり強い出力で行うので、効果がある分、当然痛みが強いです。口コミとか見ると、「失神しそうになるくらい痛い」、「ワキと胸は痛くなかったけどVと太ももは声が出るほど痛かった」、「VIOが尋常じゃなく痛く、脂汗が出るぐらい痛かった」など、痛いという口コミがほとんどです。

 

レーザー脱毛ではどうしても痛みに耐えられない場合、レーザーの出力を下げることもできます。ただ、もったいないので、麻酔をする事をオススメします。麻酔と言っても手術の時のような注射や点滴などでする麻酔ではなく、麻酔クリームを皮膚に塗ったり、ガス麻酔といって笑気ガス(亜酸化窒素+酸素)を吸入する麻酔です。別料金で両方とも3千円〜4千円くらいでできます。

 

エステ脱毛は、痛いという人もいると思いますが、もちろん医療脱毛よりは全然痛くないです。私はVIOが痛みがありましたですが、その他は全然痛くなかったです!

 

ストラッシュ

↑ストラッシュのSHR脱毛ならほぼ無痛で脱毛可能!
【脱毛資格】エステ脱毛は研修がしっかりしてる

法律上、エステ脱毛の医者がいない場所で許されているのは、あくまでも毛乳頭や毛の幹細胞を破壊しないレベルの除毛です。これは医師や看護師などの資格は必要なく誰でもできます。

 

ですが、脱毛サロンのエステティシャンはきんとした研修を受けています。脱毛サロンのスタッフから聞いた話だと、かなり本格的に研修を行うようです。某大手脱毛サロンでは、まず本社で基本的な技術や接客を2週間勉強して、3か月かけて脱毛の現場であるサロンにて店長によって教育を受けるようです。

 

脱毛サロンは美容サービスという感じがしますね。例えば、脱毛サロンでは必ず最後に保湿ジェルなどで肌をケアをしてくれますが、クリニックでは、そういった美肌ケアはなくて、炎症止めのステロイド入りの塗り薬が処方されます。

 

100円

↑脱毛サロン最大手のミュゼは社員研修が充実!

【まとめ】痛くて高額だけど効果が高いのは医療脱毛

医療脱毛のメリットは永久脱毛ができる、脱毛回数が短い。デメリットは金額が高い、痛いという点です。

 

エステ脱毛のメリットは安い、痛くない。デメリットは完了まで時間がかかる、永久脱毛まではいかないという点です。

 

つまり、安くて痛くないのはエステ脱毛、痛くて高額だけど効果が高いのは医療脱毛ということですね。とはいえ、エステ脱毛か医療脱毛のどちらかに決め、ずっと通い続けなければならないという必要はありません。部位やケースによって臨機応変に使い分けてもいいと思います。例えば、痛みの強い顔やVIO脱毛は脱毛サロンで行い、二の腕や脚の脱毛のような人目に触れる早く脱毛したい部位はクリニックで行うといった使い分けなどしてる人も多いですよ(^^♪

 

梅田の脱毛サロンの総合ランキングはこちらをご覧ください。
梅田の脱毛サロン総合ランキング